新刊:書籍の最近のブログ記事


okoranaiicon1.jpgアルボムッレ・スマナサーラ長老のベストセラー『怒らないこと』(役立つ初期仏教法話1 サンガ新書)が電子書籍になりました。スマートフォンのiPhone,iPodTouch,iPad互換アプリ、アンドロイド端末アプリとしてリリース。

価格はいずれも450円です。
※このアプリでは一部の無料試し読みと、すべての章の購入ができます。iTunesまたはiPhone等のApp storeで試し読み版を無料ダウンロードし、フルバージョンは450円でアドオン購入します。



v05mq.jpg
『怒らないこと』電子書籍版は、7月7日~10日に東京ビッグサイトで開催された電子出版EXPO(第18回東京国際ブックフェア併催)でも、アプリ開発を手がけた倉敷印刷のブースにて大きく紹介されました。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
少し溜まってしまいましたが、スマナサーラ長老の9月~11月の新刊をご案内します。

香山リカさんとスマナサーラ長老の対談『生きる勉強』(サンガ新書)
生きる勉強 (サンガ新書)生きる勉強 (サンガ新書)
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ ¥800

自殺、うつなど、閉塞する現代人の心に、斬新な発想の転換を促す初期仏教の考え方。現代の心の問題を問いつづける精神科医はそこに何を見るのか。信仰、宗 教、自我、子育て、豊かさ、ヒューマニズムなど、人間が生きるために最もの大切なことを語り合った七時間。
『くじけないこと』角川SSC新書
くじけないこと 角川SSC新書 (角川SSC新書)『くじけないこと』(角川SSC新書)
アルボムッレ・スマナサーラ
角川SSコミュニケーションズ ¥819

将来不安の高まりなどで閉塞感が強く漂う時代になり、心が折れるまでいかなくても、ちょっとしたことで落ち込む人が増えています。人はなぜへこみ、追い詰 められるとくじけてしまうのか。その背景を説きながら、いまを生き抜くための智慧を語ります。
テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え
テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教えテーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え 
アルボムッレ・スマナサーラ
大法輪閣 ¥1,890

ブッダの教えとその実践方法の一つ一つを、当時のまま今日まで伝えてきたテーラワーダ(初期)仏教が説く幸福への道。月刊仏教誌『大法輪』で二年間続いた 連載を単行本化。
恐れることは何もない (Esoterica Selection)
恐れることは何もない (Esoterica Selection)恐れることは何もない (Esoterica Selection) 
アルボムッレ・スマナサーラ
学研¥1,575

「一旦停止型人間」で行こう!力を抜き、怒りを消し、心を清らかにして、「嘘のない自分」で生きてゆく―。仏教の根本教説「中道」を指針にした、誰にでも すぐ実践できる、ブッダ式幸福人生論。(2000年刊行の同名書を増補改訂)
心がフッと軽くなるブッダの瞑想
心がフッと軽くなるブッダの瞑想 (だいわ文庫)心がフッと軽くなるブッダの瞑想 (だいわ文庫) 
アルボムッレ・スマナサーラ
大和書房(だいわ文庫) ¥630

歩いて・立って・座ってできるブッダの瞑想。「今」という瞬間に完全に集中し、本当の「自分」の姿に気づく心をきたえます。文庫書き下ろし。




~生きとし生けるものが幸せでありますように~
スマナサーラ長老 2010年7~8月の新刊

こころを清らかにする言葉
こころを清らかにする言葉こころを清らかにする言葉 
アルボムッレ・スマナサーラ
イースト・プレス ¥1,260

80の名言が教える、日々を安心して生きられるヒント。
「ブッダがいちばん伝えたかったこと」を、わかりやすく解き明かす!
「不完全でいい、でもいい加減ではない、これが私の精いっぱいだ」というのが、いちばん素晴らしい生き方です。(本文より)
われわれが一所懸命、命をかけて得よう、得ようとしているものが、あらゆる悩み、苦しみを無限につくっている――それが真理です。(本文より)。
13歳へ (よい親も、よい先生も、あなた次第)
13歳へ (よい親も、よい先生も、あなた次第)13歳へ (よい親も、よい先生も、あなた次第) 
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ ¥1,260

13歳のときに出家したスマナサーラ長老が、「現代の13歳たちに伝えたかったこと」とは、いったいどんなことでしょうか? 本書は、雲雀丘学園中学校における実際の講演会と中学生との交流をもとにした作品です。思春期に入り戸惑いを感じ始めている13歳の若者に対し、スマナサーラ長老は、「今までみなさんは大人に育てられてきましたが、今度は、みなさんが大人を育てる番です」と語りかけます。中学生はもちろんのこと、大人が読んでも、「そうか、そういう考え方があったのか」と、前向きに頑張ろうと感じることのできる一冊です。
日本人が知らないブッダの話(Esoterica Selection)
日本人が知らないブッダの話 (Esoterica Selection)日本人が知らないブッダの話 
アルボムッレ・スマナサーラ
学研 ¥1,575

「天上天下唯我独尊」はどういう意味?最後の言葉「もろもろの事象は過ぎ去る」の真意とは?なぜ、釈迦族は滅びたのか?「覚り」とは?―お釈迦さまの一生を読み解けば、仏教の本当の教えがよくわかり、幸福への道が瞬時にひらける。スマナサーラ長老が解き明かす初期仏教のブッダ伝。
怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)
怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ新書 ¥ 735 

生命と自我のしくみを解き明かし、
ブッダが教える、怒りを克服する人生論!

前作『怒らないこと』から、さらに心の深層に分け入り、生きることの矛盾に真正面から答えを出す。生命の根源にあるもの、それは怒り――初期仏教長老が、ブッダの教える怒りの終焉をお話しします。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
「今までみなさんは大人に育てられてきましたが、
 今度は、みなさんが大人を育てる番です」

51ZXgajmzTL._SL160_.jpg
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 11019

スマナサーラ長老が中学生に語りかける『13歳へ (よい親も、よい先生も、あなた次第) 』サンガ amazon.co.jpで予約受付中です。

13歳のときに出家したスマナサーラ長老が、「現代の13歳たちに伝えたかったこと」とは、いったいどんなことでしょうか? 本書は、雲雀丘学園中学校における実際の講演会と中学生との交流をもとにした作品です。

思春期に入り戸惑いを感じ始めている13歳の若者に対し、スマナサーラ長老は、「今までみなさんは大人に育てられてきましたが、今度は、みなさんが大人を育てる番です」と語りかけます。それが楽しく思い通りに人生を歩み始めるコツだと言うのです。いったいどういうことなのでしょうか?(――詳しくは本書にてどうぞ!) 

中学生へ向けたスマナサーラ長老の語り口は、ユーモアを交えた優しい言葉で、思わず聞き入ってしまいます。 中学生によるスマナサーラ長老への質問も掲載されています。素朴な中学生の質問に、スマナサーラ長老は、シンプルな言葉で、ブッダの智慧の大切な部分を若者たちに伝えます。 心を和ませるイラストや、中学生とスマナサーラ長老が笑顔で語り合う写真も掲載さています。 中学生はもちろんのこと、大人が読んでも、「そうか、そういう考え方があったのか」と、前向きに頑張ろうと感じることのできる一冊です。 

気軽に読むことのできる体裁の本ですので、お釈迦様の智慧に触れる入門書として、また、手軽なプレゼントの書籍としてもお勧めです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
スマナサーラ長老のベストセラー、『怒らないこと』(サンガ新書)の続編、『怒らないこと 2』がamazon.co.jpで予約受付中です。(2010/07/18現在)帯には香山リカ先生のコメントが......。

怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 19391

~生きとしけるものが幸せでありますように~
サンガジャパン Vol.2(2010Summer)
アルボムッレ・スマナサーラ(寄稿) 山本 宗補(寄稿) 宮崎 哲弥(寄稿) 白川 密成(寄稿) 末木文美士(寄稿) 玄侑 宗久(寄稿) 島田 裕己(寄稿) 有田 秀穂(寄稿) 鈴木 秀子(寄稿) ショーエンK(寄稿)
サンガ
売り上げランキング: 2558

2010年7月26日(月)ブディストホール(築地本願寺内)にて開催されるサンガジャパンVOL.2刊行記念講演会『がんばれ日本仏教』に、パネリストの一人としてスマナサーラ長老が登壇されます。(以下、詳細)
アルボムッレ・スマナサーラ長老 2010仙台講演会 「怒らないこと」

今を生きる私達にとっての「仏教」を考える季刊誌『サンガジャパン』。7月に刊行したVol.2では、「がんばれ日本仏教」という特集を組みました。本書の刊行を記念して、2010年7月26日に、刊行記念講演会を開催します。講演会のテーマは「がんばれ日本仏教」。スリランカ初期仏教のアルボムッレ・スマナサーラ長老に、仏教ニューウェーブの旗手たちが、日本仏教再生のための手掛かりについて質問し、議論を展開します。新進気鋭の若手出演者は、ショーエンK氏(僧侶・『「ぼうず丸もうけ」のカラクリ』著者)、小林三旅氏(映像作家)、松下弓月氏(宝善院副住職・インターネット寺院『彼岸寺』運営メンバー)、架神恭介氏(作家・『完全教祖マニュアル』著者)、脇雄太郎(作家)です。
日本仏教"再生前夜"に開催されるこの記念碑的講演に、ぜひお立会いください。

アルボムッレ・スマナサーラ
1945年、スリランカ生まれ。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。13歳で出家得度。国立ケラニア大学で仏教哲学の教鞭をとる。1980年に来日。駒澤大学大学院博士課程を経て、現在は(宗)日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事。朝日カルチャーセンター(東京)の講師を務めるほか、NHK「こころの時代」などにも出演。『怒らないこと』『無常の見方』『自分を変える気づきの瞑想法』『ブッダの実践心理学シリーズ』(藤本晃氏との共著)(以上、サンガ)、『ブッダが教えた本当のやさしさ』(宝島社)など著書多数。

ショーエンK
現役のお坊さん(住職)。大学では経営学を専攻。「ぼうず丸もうけは本当か?」の論文で卒業する。総本山での修行後は、父の他界により、24歳の「若き住職」となってしまう。お寺の活動とともに、「隠れボウズ」として、会計事務所での勤務も経験。「税理士試験」にも合格する「税金」のスペシャリスト

松下 弓月
宝善院 副住職。1980年生まれ。神奈川県出身。国際基督教大学(ICU)教養学部人文科学科卒業、青山学院大学大学院英米文学研究科修了(修士)。東寺伝法学院にて加行・濯頂

架神 恭介
1980年生まれ。広島県出身。早稲田大学第一文学部卒業。作家、フリーライター

小林 三旅
映像作家。1972年生まれ。東京都出身。明治大学文学部文学科演劇専攻を卒業後、テレビ番組制作会社へて独立。ドキュメンタリーを中心に強烈な個性の人物に取材した文学作品を制作する


脇雄太郎
1980年、東京生まれ。早稲田大学社会科学部卒。好きな僧侶は不干斎ハビアン。

【日時】

2010年7月26日(月)
■18:30開場 ■19:00開演(21:00 終演予定)

【会場】 ブディストホール(築地本願寺内)

東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺内第一伝道会館2F
東京メトロ日比谷線 築地駅下車 徒歩1分
東京メトロ有楽町線 新富町駅下車 徒歩5分
都営地下鉄浅草線  東銀座駅下車 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線 築地市場駅下車 徒歩5分

会場ホームページ:ブディストホール(築地本願寺内)

【入場料】 前売り 1,200円  当日 1,500円

主催 ㈱サンガ
参加予約受付窓口・㈱サンガ 電話:03-6273-2181 FAX:03-6273-2182
Web予約受付窓口:講演会Web予約参加申込ページへ
e-mail info@samgha.co.jp


~生きとし生けるものが幸せでありますように~

#jtba サンガジャパン発刊記念講演会
『仏教~今、仏教のリアルを探して。』

対談: スマナサーラ長老×島田裕巳 

2010年4月23日(金)19:00-21:00 

新宿住友ホール前売り2000円/当日2500円 

詳細&申込みは http://bit.ly/99ut6e

posted at 22:38:39 2010年03月31日

サンガジャパン Vol.1(2010Spring)

サンガ
売り上げランキング: 3251


『サンガジャパン』は「仏教のリアルを探す総合誌」と銘打ち誕生しました。仏教を根本から考え、捉えなおし、今を生きるわれわれにとって仏教とはいかなるものか、その可能性とは何かを探していきます。

この刊行を記念して、スリランカ上座仏教長老アルボムッレ・スマナサーラ師と、『葬式は、要らない』で話題の現代を代表する宗教学者・島田裕巳先生の公開対談を開催いたします。

テーマは「仏教」。

仏教におけるそもそもの死の弔いはどのようなものだったのか。オウム真理教事件から15年を経た今語るべきこと、語られるべきこととは。北伝大乗仏教の国・日本に南伝上座部(テーラワーダ)仏教がもたらすものとは。そして、今の時代に仏教のできること。etc......

今話題の二人が語りあう注目の2時間。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~



仏教と脳科学―うつ病治療・セロトニンから呼吸法・坐禅、瞑想・解脱まで
アルボムッレ・スマナサーラ 有田 秀穂
サンガ
売り上げランキング: 3969

呼吸や坐禅との関係に着想を得て、うつの脳、キレる脳などの治療に効果的なセロトニン神経活性化のトレーニング法にまで昇華させた医師と、2500年前に人の心のメカニズムを追究しつくしたブッダの根本の教えを今に伝えるスリランカ・テーラワーダ仏教長老による、時に厳しく、しかし慈しみ・優しさに満ちた対談。脳科学の知見と仏教の人間理解の共通点・相違点を明らかにしながら、疲弊し、激動する現代を明るく活発に生きる、真の幸福・やすらぎへの道程を示す科学的・仏教的アプローチ。
~生きとし生けるものが幸せでありますように~
CS朝日ニュースター『ニュースの深層 傑作選』でスマナサーラ長老出演の回がダイジェスト放送されます。1月30日(土)夜22時から24時、27時から29時。31日(日)16時~18時。2月3日(水)21時~23時。4日(木)14時~16時、25時~27時。

三省堂書店の新書売り上げランキング(1/18~1/24全店集計)でスマナサーラ長老『怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉』(サンガ新書)が1位になりました。

スマナサーラ長老『心がスーッとなるブッダの言葉』(成美文庫)増刷決まりました。

スマナサーラ長老『ブッダの教え 一日一話』(PHPハンドブック)増刷決まりました。全国のローソン店頭でも販売されるそうです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
スマナサーラ長老の新刊3冊をご紹介します。ヴィパッサナー瞑想を学ぶ人の道標、朝日カルチャー講座をまとめた本、パーリ経典解説と、どれも読み応えのある作品です。

こころは原子爆弾―その巨大なパワーを有効に使う方法
アルボムッレ・スマナサーラ
国書刊行会
売り上げランキング: 36852
おすすめ度の平均: 5.0
5 コワいもの(知らない世界)観たさで、のぞいちゃったかな
ヴィパッサナー瞑想の真髄に迫る!
あらゆる価値観を捨てて、こころの原初形態である≪感覚≫から観なおすことを徹底指導する3つの実践的法話。「仏教の『無価値』論」「こころは原子爆弾―死の観察法」「感覚について」。

智慧は人生の羅針盤 (お釈迦さまが教えたこと)
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 5906
おすすめ度の平均: 5.0
5 「わかっているようで、まったくわかっていない」(本文から)
5 このシリーズでは一番の傑作かも
現代の私たちが求め続ける「癒し」や「やすらぎ」。しかし、とりもなおさず、やってくるのは「癒されない」「やすらげない」という現実です。求めれば求めるほど遠ざかってしまう希望や幸福――お釈迦さまは、これを人間存在の根本的な問題として、その仕組みを解明されました。苦しみの悪循環から脱出し、真の幸福を得るために必要な、ブッダの智慧と方法をご紹介します。

悩みと縁のない生き方―「日々是好日」経
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 2097
おすすめ度の平均: 5.0
5 本作の元になった講演会
5 本当にあるのは「現在」だけ。
5 「不放逸で(怠けないで)励みなさい」本文P58
本書では「日々是好日(日々とても善い日だ)」という経典を中心に話をいたします。「日々是好日」経とは、パーリ語でBhaddekaratta-suttaと言います。Bhaddaとは、「よい」という意味です。「とてもよい」というニュアンスで、「よい」のなかでも意味がちょっと重いのです。文句がひとかけらもないほど、「なんてよいことでしょうか」という意味です。Ekarattaは、一日(one day)、suttaは「経」です。日本語で直訳すると「善い一日経」となって、ちょっとわかりにくくなります。「日々是好日」という翻訳は、経典の中味を文学的に考えた美しい漢文になっています。意味はパーリ語の経典とぴったり同じです。本書では、この短いお経が私たちに教えてくれる「ブッダの智慧」を、意味を確かめながら丁寧に解説していきたいと思います。ここで学ぶことは、お釈迦様が説かれた「悩みと縁のない生き方」の理論と実践です。「今日は何も悩むこと、苦しむことはなかった、よかった」と言えるならば、それは「人生がうまくいった」ということなのです。ぜひ「悩みと縁のない生き方」を実践し、人生における最高の幸福を味わってください。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち新刊:書籍カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新刊:映像(DVD・ビデオ)です。

次のカテゴリは新刊:音声(CD・カセット)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。