スマナサーラ長老 2010年7~8月の新刊

| | コメント(0) | トラックバック(0)
スマナサーラ長老 2010年7~8月の新刊

こころを清らかにする言葉
こころを清らかにする言葉こころを清らかにする言葉 
アルボムッレ・スマナサーラ
イースト・プレス ¥1,260

80の名言が教える、日々を安心して生きられるヒント。
「ブッダがいちばん伝えたかったこと」を、わかりやすく解き明かす!
「不完全でいい、でもいい加減ではない、これが私の精いっぱいだ」というのが、いちばん素晴らしい生き方です。(本文より)
われわれが一所懸命、命をかけて得よう、得ようとしているものが、あらゆる悩み、苦しみを無限につくっている――それが真理です。(本文より)。
13歳へ (よい親も、よい先生も、あなた次第)
13歳へ (よい親も、よい先生も、あなた次第)13歳へ (よい親も、よい先生も、あなた次第) 
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ ¥1,260

13歳のときに出家したスマナサーラ長老が、「現代の13歳たちに伝えたかったこと」とは、いったいどんなことでしょうか? 本書は、雲雀丘学園中学校における実際の講演会と中学生との交流をもとにした作品です。思春期に入り戸惑いを感じ始めている13歳の若者に対し、スマナサーラ長老は、「今までみなさんは大人に育てられてきましたが、今度は、みなさんが大人を育てる番です」と語りかけます。中学生はもちろんのこと、大人が読んでも、「そうか、そういう考え方があったのか」と、前向きに頑張ろうと感じることのできる一冊です。
日本人が知らないブッダの話(Esoterica Selection)
日本人が知らないブッダの話 (Esoterica Selection)日本人が知らないブッダの話 
アルボムッレ・スマナサーラ
学研 ¥1,575

「天上天下唯我独尊」はどういう意味?最後の言葉「もろもろの事象は過ぎ去る」の真意とは?なぜ、釈迦族は滅びたのか?「覚り」とは?―お釈迦さまの一生を読み解けば、仏教の本当の教えがよくわかり、幸福への道が瞬時にひらける。スマナサーラ長老が解き明かす初期仏教のブッダ伝。
怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)
怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ新書 ¥ 735 

生命と自我のしくみを解き明かし、
ブッダが教える、怒りを克服する人生論!

前作『怒らないこと』から、さらに心の深層に分け入り、生きることの矛盾に真正面から答えを出す。生命の根源にあるもの、それは怒り――初期仏教長老が、ブッダの教える怒りの終焉をお話しします。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スマナサーラ長老 2010年7~8月の新刊

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/755

コメントする

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2010年8月30日 22:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年度(第6回)初期仏教一日体験会「ブッダが語る、男性とは?女性とは?」」です。

次のブログ記事は「11月13日(土)心の育て方研究会 企画講演 スマナサーラ先生福岡講演会「人生の出来事の受け止め方 ブッダの智慧に学ぶ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。