2009年10月アーカイブ

hiroshima20091108.jpgスマナサーラ長老 広島で初めての講演&瞑想会

「平和と謳っていても 
 平和についてよく知らない」

開催日時 2009年11月8日(日)
09:00      開場
09:30-11:30   講演
11:30-12:00  質疑応答
13:30-18:00  冥想指導
※座布団・昼食は各自持参でお願い致します。

開催場所 慈学院太光寺 和氣殿ホール
広島市西区田方 1-551-1 http://taikouji.jp/

お問い合わせ   (佐藤さん)
satou@realize-i.com
参加費 自由喜捨


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
ご報告が遅れましたが、丸善オンラインストアの著者インタビューにスマナサーラ長老が登場されました。曹洞宗・南直哉師との対談集、『出家の覚悟』(サンガ)にまつわる内容です。


maruzen_web.jpg

-日本に入ってきた仏教には出家というシステムがない仏教が入ってきていたんでしょうか。

上座仏教のような出家とは違いますが、日本にもプロフェッショナルの集団はあります。出家とはプロの集団とすれば、日本に入った仏教にも同じプロの集団があ りますし、仏教を学ぶ人々はプロとしてその研究に、その修行に一生を掛けて頑張っていますので、システムは似ていると思います。

日本の仏教の一つの問題がこの宗教は在家化する形で広めていることです。在家化するのであれば表面的には一般人に人気を得て広がるはずなんですけど、実態は 閉鎖的な「カルト」というべき組織になってしまいがちです。さらに悪いことには日本では一般大衆の宗教の基本的なフォーマットとして、決まりきったカルト 的な性格がなければならないことになっているのです。その性格とは、1)開祖とその家族を崇拝する縦関係の組織、2)先祖供養、3)商売繁盛、4)病気治し(ヒーリング)、5)題目・真言のような呪文を唱えること、などです。

新しい宗教が現れても、結局いま挙げたような同じパターン・同じフォーマットで団体ができちゃうんです。それで、在家宗教組織は、おしなべて日本的なカルトになってしまうんです。そして一般人も、宗教にはいま言ったカルトの基本がそろってないとだめだと思いこんでいる。

た とえば、日本食だったら味噌汁ですが、味噌汁の代わりにヨーロッパのスープが出できたらそれはと合わないんですよ。味噌汁と焼き魚とおしんこというのは日 本食の決まりとして揃わなくちゃいけないのと同じ感じで、在家宗教組織というのはカルトで、一般人も宗教と言えばカルトだと思っています。でも、仏教がそ れでは困るんです。

だから南さんのように、カルトではない、本当の仏教という教えをどうもっていけばいいかを考えているプロの存在が重要になるんです。

全文はこちらからご覧下さい。

出家の覚悟―日本を救う仏教からのアプローチ
南 直哉 アルボムッレスマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 59324
おすすめ度の平均: 5.0
5 「愛を語るなよ」(本文P235から)

関連ページ


~生きとし生けるものが幸せでありますように~

2009年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。