2009年8月アーカイブ

7月22日、あらたにす(日経・朝日・読売)「わたしの本棚」<名越康文さんが語るおすすめ本>のなかでスマナサーラ長老『怒らないこと』(サンガ新書)が紹介されました。

nakoshi.jpg

 カウンセラーとして臨床に携わる一方、ソフトな語り口と親しみやすいキャラクターで、テレビやラジオなどのコメンテーター としても活躍する名越康文さん。精神科医という西洋医学に関わる名越さんが今"ハマっている"のは意外にも仏教に関する本でした。......続き

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
アルボムッレ スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 1139
おすすめ度の平均: 4.5
5 10分でデキる 幸福の秘訣
3 頭では理解できましたが・・・
4 お勉強になりました。
5 なんて直球な・・・でも!
5 たどり着いた一冊

記事の中では、他に『出家の覚悟~日本を救う仏教からのアプローチ』もイチオシの本として紹介されています。

出家の覚悟―日本を救う仏教からのアプローチ
南 直哉 アルボムッレスマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 51594
おすすめ度の平均: 5.0
5 「愛を語るなよ」(本文P235から)

~生きとしけるものが幸せでありますように~

2009年8月2日放送のフジテレビ「エチカの鏡 ココロにキクTV」の中でスマナサーラ長老の著書『「やさしい」って、どういうこと?』(宝島社。文庫版は『ブッダが教えた本当のやさしさ』)が紹介されました。

susume3.jpg
紹介して下さったのは、江戸川区篠崎にある書店「読書のすすめ」店長、清水克衛さん。一日に十冊の本を読む清水さんは、本屋を訪れる客に積極的に話しかけ、その人にぴったりと思う本を薦めるユニークな接客スタイルでファンをつかんできた。

susume2.jpg
この方です。清水さんは「本のソムリエ」と呼ばれ、著書(自己啓発系)も数多い。

susume6.jpg
彼が「恋愛に見返りを求めるばかりにすぐ破局を迎えてしまう」と悩む女性に向けて薦めていたのが、

susume4.jpg
『「やさしい」って、どういうこと?』。

翌3日のamazon.co.jpでは、書籍総合ランキングで同書が2位になりました。

「やさしい」って、どういうこと?
アルボムッレ スマナサーラ
宝島社
売り上げランキング: 2
おすすめ度の平均: 5.0
5 文庫版が出てますよ♪
5 「慈悲喜捨」のサマタ瞑想で体得した真のギブ&テイクの心!
5 表題に「うーん」、と思ったら 役に立ちます。
ブッダが教えた本当のやさしさ (宝島SUGOI文庫)
アルボムッレ・スマナサーラ
宝島社
売り上げランキング: 39
おすすめ度の平均: 5.0
5 納得しました
5 『「やさしい」って、どういうこと? 』文庫化


~生きとし生けるものが幸せでありますように~

2009年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。