月例講演会 ブッダの「ユーモア」活性術~「笑い」は苦しみの即効薬~

| | コメント(1)

Dsc_0140 アルボムッレ・スマナサーラ長老 初期仏教 月例講演会のお知らせ

『ブッダの「ユーモア」活性術 ~「笑い」は苦しみの即効薬~』

日時:2008年4月29日(昭和の日)
14:00~17:30

場所 :国立オリンピック記念青少年総合センター
    (センター棟4階セミナーホール)

【内容】  お釈迦様の教えや仏道実践は、人間の悩み苦しみを「根本的」に解決するものです。病気の治療に譬えるなら、いわゆる「根治療法」ということになるでしょうか。  しかし近道することなど考えずに、一本道を進むことは忍耐を要するものです。あまりに辛く苦しい場合には、「対症療法」「頓服薬」が必要になる時もあるでしょう。  苦しみを和らげる即効薬、それは「ユーモア」「笑い」です。ただし気を付けなければなりません。人の「貪・愼・痴」を刺激する形態の笑いは危険だと、お釈迦様はおっしゃっていますから。  暗く落ち込んだ心、険悪な雰囲気、悲惨な状況を「誤魔化す」のではなく「和らげる」「紛らわす」ような、ブッダの「ユーモア」センス、お釈迦様の慈悲に適った「笑い」とは、どのようなものでしょう。

【講師】アルボムッレ・ スマナサーラ長老

【会費】 喜捨(お気持ち)

【主催】 日本テーラワーダ仏教協会 【問合せ】 協会事務局 tel:03-5738-5526

【備考】 会場は、オリンピック記念青少年総合センター・センター棟4階にあるセミナーホールです。かやの木会館ではありませんのでご注意ください。

※300人の入場が可能です。ご友人・お知り合いをお誘いのうえ奮ってご参加ください。整理券はありませんので、先着順となります。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

コメント(1)

退職後,本格的に修行したいと思っています。その為に,今から少しずつ勉強しようと思っています。

コメントする

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2008年4月 2日 20:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブッダの幸福論/結局は自分のことを何もしらない/ブッダの青年への教え」です。

次のブログ記事は「2008年度 初期仏教一日体験会『もしもあなたが「悩んで」いるなら』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。