ダンマパダ(法句経)講義64,65偈[第5章の5]

| | コメント(1)

スマナサーラ長老のダンマパダ(法句経)講義
第5章 愚者(Baala-vagga)64,65偈[第5章の5]
『真理を聴き取る力』

愚者は、たとえ一生涯賢者に仕えても
彼は法を理解しない、
さじがスープの味を分からないように。

智者は、たとえわずかな間でも賢者に仕えるならば
すぐに法(真理)を理解する、
舌がスープの味をわかるように。

商品№:DVD…DD-41   頒価2,100円(送料込)

 勉強法の裏技は「聞く力」です。相手が100の力で話していることを200の力で聞けば、相手の倍、知った事になるのです。すごく勉強できる人はだいたい同じことをやっている。結局は「聞く」ということです。では、「聞く」とはどういうことなのでしょうか?
1.聞く相手に対する信頼がなければならない。
  信頼ができると心が集中する。人のいう事がそのまま100で聴こえます。
2.聞きながら、これってどういうことか?とデータを頭の中ですごく早く処理しながらパックする。それは人を信頼しないとできません。データ処理はすごく忙しい。集中して聞いているから、自分の心に、基本的な概念に、きちんと腰を下ろしているんです。
3.「それってどういうことか?どんな因果法則でこうなっているのか?」と検証する。そこで初めて知識が自分のものになる。そうやって知る過程でどんどん倍率を上げてみるのです。以上は俗世間の場合です。……
(06年7月8日 ゴータミー精舎で収録)

ご希望の方は、通信販売の手引き をご覧の上、メールでご注文下さい。注文番号をお忘れなく!

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

コメント(1)

 信頼できる相手が、親身になって言った言葉は理解
 できるし、納得もする。

 しかし、物を見る角度の違う人間、価値観の違う人間、
 残念ながら反りの合わない人間から発せられる言葉
 を受け入れる事は出来ないでしょう?

 実際にすべての人間が自分と同じポジションで物を
 見ているわけではないので、見解の違いはあること
 は当然のことでしょう。

 「誰でも」の言葉も受け入れられっれば、そりゃ幸せ
 でしょうよ。

 己から見て、ロクでもない馬鹿と見なしている権力者から
 罵詈雑言を浴びせられた場合、おそらく、主体的(わがまま)
 に生きていても、冷静にその言葉に対する自分のポジション
 を冷静に俯瞰することは出来るでしょうしまた、ムカツク気持ち
 も同時に感じることでしょう。

 これは仕方ないのですか?生きていくうえで「ムカツかざるを
 得ない」ことを、認めなければ、「幸せ感」も感じ得ないということ
 は。

 幸せを説いたところで、同時に不幸にそれが内包されて
 いるのであれば、偉そうな説教を垂れる必要もないで
 しょうに。


 

コメントする

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2006年12月26日 21:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダンマパダ(法句経)講義63偈[第5章の4]」です。

次のブログ記事は「1月23日(火) 「心は病気」スマナサーラ長老講演会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。