2005年12月アーカイブ

平成十八年の新年を祝する、新年祝福法要と関連行事が、1月9日(祝 成人の日)ゴータミー精舎で開催されます。振るってのご参加をお待ちしております。

※重要行事にて、ゴータミー精舎日記とのダブルポストご容赦ください。

原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一悟
A.スマナサーラ
佼成出版社 (2005/11)
法句経といえば翻訳は中村元訳の岩波文庫か友松圓諦。解説本もいろんな書き手がチャレンジしてましたが、残念ながら原文読みゃぁ分かるような話に学者らしい豆知識や自慢話、いい加減な感想文や牽強付会を混ぜ込んだ程度のものが多かったのです。「東洋の聖書」とか持ち上げながらも「仏教学をやってればテキトーに論じられる初歩経典」くらいに扱われてきたのが現実でしょう。むしろジェームスアレンの方が理解がまとも…でした。しかし本書でスマナサーラ長老が自在に解説する法句経は、まさに『真理の詩(dhamma-pada)』たる輝きを放っています。欲望や怒りとの付き合い方、日々の生活の迷い、社会システムの矛盾、人生の究極の目的まで、ブッダその人(釈迦牟尼仏陀)の息吹が伝わってくるような平易でごまかしのない訳文と、それを受けて語られる迫力ある法話に触れるとき、「一日一悟」のタイトルはけっして大げさだと感じないでしょう。日本語で「法句経(ダンマパダ)」にアクセスしようとする時、まっさきに挙げられる一冊として、長く読み継がれることになると思います。思い切って断言しましょう。本書は「法句経について日本語で書かれた本の最高傑作」です。(店員のコメント)

2010年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2005年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年11月です。

次のアーカイブは2006年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。